FC2ブログ

折り返しの形

前回の記事(連鎖尾の形)で連鎖尾を自由に伸ばした結果、第1折り返しが低くて不恰好になってしまった。連鎖尾に見合う折り返しに拡張したい。




とりあえず連鎖尾と同じくらいの高さに発火点が来るように折り返しを拡張してみたぞ。



GTRの上が横3つに並んでいるものを座布団折り返しという。



座布団のキーぷよは3列どこに置いても消えるという特性はメリットでもありデメリットでもある。飽和まで積み切って本線を発火したが暴発するということも多いので注意しなければならない。これは雪崩と似た特性だが、連鎖尾であれば連鎖が1,2減るだけで済むが折り返しで止まると負けに繋がりやすい。
上の2例のように緑を黄色で蓋をしていれば緑は暴発しない。同様に黄色の暴発が懸念だが、上に来れば来るほど飽和を組んでいるときも視野に入りやすいので暴発の確率は減る?





鉄ぷよの位置の色は黄色か緑が制約を受けずに積みやすい。赤はGTRに吸われるので言わずもがな。



青を置いた場合は、何も考えなければキーぷよと共に消える形に発展しやすく5個消し以上になりやすく勿体ない。



勿体なく無くすためには予め消しておかなければならない(形の制約)。



鉄ぷよの位置が青以外の色の場合は、隙が大きいためあまり好ましくない。それを踏まえると実質、上の左の形くらいしか解がない。





緑で置いた場合は平らに敷くパターンだけで4通りある。



下1の場合は上に3個必要なので安定ではなくなる。
かといって下3個が安定かというと暴発を招きやすい点もあり、安定と言い切れない。


スポンサーサイト

雪崩




■雪崩のメリット
①連鎖の作成が容易
色を順番に上に乗せるだけで連鎖が増える。どう積むかを考えるのではなく、何が残るかを覚えておき、それが消えるように付け足すだけでいいのでミスが起きにくく判断も容易。下の色と違えば何色でもいいので3/4の確率で上にぷよを置くことができる。(確率論の記事(未))


②催促で使える、修復が容易
露出している表面の3連結のぷよが多いので催促に使いやすい。催促で使う場合は、本来の最後の1連鎖が減っただけの状態になるだけで、最後から2つめの連鎖には何の影響も及ぼさないため修復が容易だし修復しなくても連鎖として完成された状態を保つ。デアリスや斉藤SPといったセットで完成された連鎖尾にはないメリット。


③第2折り返しへの切り替えが容易
下の緑のように縦3の雪崩は第2折り返しに使いやすい。そして縦3と階段を組み合わせた第2折り返しは自然と連鎖尾にもなる。



3/4で上に色が置けることと、表面が凸凹していないので第2折り返りの制約が軽い。
とりあえず表面に色を置いておく。雪崩にするか第2折り返しにするかはツモに合わせて変更できる。




■雪崩のデメリット
①暴発しやすい
②凝視されやすい
③美学が足りない

暴発しやすい?気をつけろよ
凝視されやすい?凝視されたところでそれを上回る立ち回りをすればいい
連鎖美?雪崩も十分美しいだろ

momoken連鎖尾



ツモやや悪い時



・6段目くらいまで連鎖尾で構成している
・雪崩が多い

ツモの置きにくさについて

このむっちゃツモ置きにくい形(とこぷよで置きミスすることによって完成させた)



ツモの置く場所が少なかったり置けても活用しにくそうである。

そもそもぷよぷよはあれも欲しい、これも欲しい、だけど優先順位があるのでこちらを先に置くというプレイが理想だが、ツモが置きにくいせいで、あれ来るな、これ来るなという状況では真面に戦うのは難しいでしょう。


ツモの置きにくい形について一般的に用語があるのか調べたところ
ぷよぷよ用語辞典によると
・摩擦
 あるマスに対してそこにぷよを置いても連鎖に吸収されてしまったり、そのまま連結して消えてしまうような色が多いとき
摩擦が大きい(形)という。

らしい

でこぼこしているやすり紙のイメージや、
摩擦→発熱→発火しやすいって意味が込められているのでしょうかね。


便利なので以降、摩擦という言葉を借りて話をしようと思いますが、


摩擦が大きい形は上記のとおりツモ制限が大きく実践では避けたいイメージがありますが
メリットを探すならば、想定外のルートから消え方る→ぶっこわしが利くという点でしょうか。
その分暴発もしやすそうです。




2つめの例でぷよを付け足した位置がポイントですが
この鉄ぷよの部分=3個ぷよに隣接する場所だったり複数色が隣接する場所がいわゆる摩擦の大きい場所でしょう。




あと触れていない連鎖尾部分ですが、
この愚形から連鎖構築を進めるなら、連鎖尾の鉄ぷよの場所は黄色を含むペアが置けない。
つまり7/16≒44%の確率で置けない。ここも摩擦が大きいといえるでしょう。




ツモの置きにくさについて




連鎖尾の形

次の連鎖尾を見てどう思うだろうか。




1つ目、2つ目、5つ目の連鎖に関しては
これくらいの方が安心感を覚えるかもしれない。



連鎖に対して「綺麗」「形がいい」という表現を多くのぷよらーが使うが

形が悪いって何だろう?自然とこちらの方が安心と思うのはなぜだろう、と10年ぶりくらいにぷよぷよをやってふと思った


2つ目の連鎖は、
このように進めて知らず知らずのうちに暴発の種を仕込んでしまうことは少なくないと思う。



注意していてもトラブルが発生しやすい連鎖は不安とか汚いとかいう印象を持つのだと思う。


形がいいだと思う連鎖尾に共通して言えることは
・連鎖尾の上表面が少ない色(1色もしくは2色のみ)となてっいる
・連鎖尾の上がでこぼこしておらず上になめらか

他にもあったら教えてほしい。



形がいい、つまりメリットがあるはずで

・第2折り返しの色や形の制約が軽くなる
・雪崩式やめくり式(難しいこと考えることなく)で追加の連鎖尾が入れやすい
・さらにいうとその連鎖尾は対応や緊急で第2折り返しとして使える形にしやすい


つまりこうだ



・これでもかというほど雪崩を入れ込んでやった図
・孤立した黄色を見て、色の制限が多いで有名な幻の連鎖尾「Eパーツ」を入れてみたくなったが、あまりにも不恰好なので2ダブで処理したくなった人の図
・めくり連鎖尾の図
・雪崩式連鎖尾、兼折り返しの図
・めくり式連鎖尾を入れたつもりが同時消しになるのに気付いて催促に使いたくなった人の図


このように連鎖尾のまとまりがいいと制限なく組むことができる。
直観的にいいと思う形はスクショ撮って後でじっくり眺めると発見があるかもしれない。

想像が湧きすぎてついつい右3列が高くなってしまった。
こんどは折り返しが低く不安定に見えるぞ。
次回、折り返しの形

繰り返し

繰り返し>有限繰り返し>雪崩(周期1)
               >???(周期2)
     >無限繰り返し>階段積み(周期1)
               >鍵積み(周期1)
               >螺旋系(周期2)
               >座布団折り返し(周期?)
               >斉藤スペシャル(周期2)
               >デアリス(周期2)
               >ミルフィーユ(周期無し)

有限繰り返しとは
 フィールドが無限であっても有限繰り返しになるもの
無限繰り返しとは
 フィールドが無限のとき無限に続くことができるもの

周期とは
 同じ形で消えるまでの連鎖数

雪崩 フィールド13段じゃ暴発しないですがいつか暴発します
??? 4色ではこれ以上積むと暴発します

どちらも階段系繰り返し
階段系の上への繰り返しは大体有限なのかな?


階段系>階段積み(周期1) → 無限
     >雪崩(周期1) → 有限
     >???(周期2) → 有限
     >ミルフィーユ(周期無し) → 無限
鍵系>鍵積み(周期1) → 無限
   >螺旋系(周期2) → 無限
   >座布団折り返し(周期?) → 無限
   >斉藤スペシャル(周期2) → 無限
   >デアリス(周期2) → 無限

連鎖構成

連鎖構成
・階段
・挟み込み
・階段挟み込み

4個消しの階段




4個消しの挟み込み



4個消しの階段挟み込み
挟みこみの部分と階段の部分があるもの




階段>階段積み
   >鶴亀
   >雪崩
   >幽霊
   >ペルシャ

挟み込み>鍵積み
      >横螺旋
      >上螺旋
      >下螺旋

階段挟み込み>デアリス




挟み込み

挟み込み>鍵積み
      >横螺旋
      >上螺旋
      >下螺旋
      >潜り込み>斉藤スペシャル
             >田中スペシャル
             >サガットスペシャル
             >Tomスペシャル
             >liveスペシャル
             >白魔スペシャル

鍵積みとは
ある形の規則正しい挟み込みのこと


横螺旋とは
鍵積みのキー部分の高さが2・3で交互になっているもの
3色必須


上螺旋・下螺旋


Tomスペシャル
下螺旋っぽい連鎖尾


下螺旋兼Tomスペシャル
3色のみで構成可能


崖崩れ(鍵),???

よい連鎖?

少ない色で積むことができる
→ツモに左右されにくい
→安定!

という考えのもと,少ない色(2色)で連鎖を作ってみる


階段 鍵                              鍵ならもう一個伸ばせる
   


座布団 雪崩                              座布団折り返し
   
座布団は3色無いと折り返せない


2色連鎖尾は雪崩よりもこの形(座布団連鎖尾?)の方が沢山入る



GTR 新GTR ???

これら折り返しは3色無いと厳しいことがわかる


サブマリン→発展→穴埋め→リバシ




だぁ→アステカ→リバシ



2色連鎖の良い形
土台                              折り返し




結論
・2色連鎖でよい形が3色や4色でよいとは限らない
 色が偏った時の参考程度で

エクセルぷよぷよ連鎖シミュ

エクセルぷよシミュ(開発途中)
http://mattulwan.web.fc2.com/xls/puyosimu.xls
バグは多彩です
シミュっぽい動作は一通り入れてみました

セルの色を変えて四角いぷよで作るとシンプルだし動作も速いけど
ぷよは丸いので●で作りました。
形状は★とかにも一応変更可能です。☆は・・・

vbaは2つのプロシージャを同時実行できない
ので、Auto連鎖を途中で止めれない・・・?

ちょっと調べてみたところ
ユーザーフォームからAutoを立ち上げるとボタンは反応するので途中で止めることが可能らしい

ユーザーフォームは使う気はなかったが
こうなると今後使わざるをえないかもしれない\(^o^)/

今、描画を1セルずつやってるから遅いけど
rangeに形状入れて一気に変更してから後で色つけるほうが速い
rangeで色も変更できたらいいんだけどどうなんだろう・・・

フィールドサイズを指定すると枠とか自動で作ってくれるようにはしたい

バックアップ数も効率的に増やす為にはボタンの位置を取得してどうこうしなくちゃいけない

きっちり作ろうと思うとかなり手間だorz
いろいろ勉強になるぜこん畜生

今はvbaの勉強がてら作ってるだけだけど
エクセルで作ることの利点ってなにがあるだろう
状態の保存(urlとかじゃなくて見た目で保存できるところ)くらいしか思い浮かばん

いつかはAI作ってみたいんだけどな・・・

ツモ3手からできる最大の連鎖の解ってのはすぐできそうだけど
それでも22^3=10648通りの置き方がある
いかに短時間で計算できるかが鍵になってくる
フィールド大きくしてベンチツールとして配布するのも面白いかも

無から有を生むってのはかなりフィーリングを移植しないといけない
序盤は
・速度(千切りや置く高さ)重視
・どうとでもなる置き方
どうとでもなる形ってかなり重要だ
横3個とかだぁ土台とかとりあえず3個意識で置く感じだろうけど・・・
中盤以降は
・凝視し辛い形
・催促
・対応手
相手の画面も常に計算しなくちゃいけない
一生かかるなこりゃ・・・
いつかはGeNEs WoRKさんとこのAIとバトルさせてみたいな
プロフィール

mattulwan

Author:mattulwan
WizOnはシュナト7ch
ミスチル HERO,くるみ等で活動中
その他ゲームはmattulwan

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アフィリエイト・SEO対策