スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サン牧  虫取り進捗

2010y08m30d_013005387.jpg


蝶さん


あなたはなぜそんなにも捕まってくれないの?


ヘラクレス


あなたはレアな生き物ではなかったの?


このイベントいつまでだ?!?
スポンサーサイト

ぱるメロ 進捗

そんなに進展はないデス。


2010y08m29d_224642131.jpg
K 1up
A 変化なし
J 変化なし
C 1up
CH 1.5up
R 変化なし
CHE 2up
F 1up
チェリオがルリカを抜きました。
今までずっとキャラ順に平均点が並んでましたが今回崩壊。
あ、ピシバチェリオが40万行った。


2010y08m29d_224624857.jpg
もう上がらないものは上がらないと思えてきた。


2010y08m29d_224609607.jpg
次更新するときは表キャラは2段になってるでしょう。
裏の昇段は果てしなく遠いなー;;;

種の分類

世界にはあらゆる生命が存在する。

魚類、両性類、爬虫類、哺乳類、鳥類、昆虫、微生物、植物

これらの種類わけはどのように行われているのか。

「交配して新しい生命を生むことができる同士は同じ種である」
見た目は全然違うわんころでも子供生める同士は同じ種となる。
ラバはウマとロバから生まれる。
じゃあウマとラバか同じ種かというと、これは違う。
ラバはラバ同士で子供を作れないからである。
ラバは悲しいが一世代限りの生物なのだ。


「共通の祖先をもつかどうかで分ける」
世の中にはセイヨウタンポポのように無性生殖によって増えるものも多い。
これらを分類する方法である。
全ての生物は共通の祖先から進化していると考えられている。
似た特徴を持ったものは共通の祖先から生まれたと考えられる。
これ以上特徴を絞り込むことができなくなった集団をひとつの主とする方法である。

「DNAによる分類」
塩基配列の違いから種を分類する。
細菌類や菌類の分類に使用される。
70%違えば別の種としているようだが70%というのも経験的に決めた適当な値。
人間とチンパンジーは1%しか違わないのは有名だが人間とチンパンジーは誰がどう見ても別の生き物だ。
だから何%以上同じだと同じ生物にするかはその生物によるのだ。

「亜種は種の分化のはじまり」
もともとは同じ場所に住んでいた同じ生物が火山活動などにより北と南に分かれてしまったとする。
北の生物は寒さに負けないために厚い毛皮をまとうようになった。
南の生物は熱いので毛が薄くなった。
このようにして亜種ができ、いずれは違う種になる可能性がある。
トリトドンの地域による色違いはいずれは別のポケモンとなる可能性を持っているということ。

「界 門 鋼 目 科 属 種」
現在確認されている主の種類は170万以上。
未確認のものはこれの十数倍あると言われている。
全ての生き物の中で人間はどこにあたるのか、
界、門、鋼、目、科、属、種で全ての生物のつながりが見えます。
ヒトの場合は以下の通り。
動物界
 運動能力と感覚を持つ多細胞生物。外部から栄養を摂取する。
脊索動物門
 一生、もしくは一時的に脊索(体の中央を縦に走る組織)を持つ。
哺乳類
 体温を一定に保ち、肺呼吸をする。授乳によって子を育てる。
霊長目
 5本の指を持ち、親指が他の指と対向して、物を掴むことができる。
ヒト科
 2速方向をしてとにかく脳容量が大きい。
ヒト属
 大脳が大きく進化したグループ。
ヒト
 現生の全ての人類。

言いたいのは種の分類は難しいと言うこと。
ある人は同じ連鎖と判断してもある人は違う連鎖と判断するかもしれない。
連鎖分類も明確な答えはない。
自分なりの分類を楽しんでいきたい。
全てのつじつまが合う分類ができればそれは連鎖分類の永久保存版になるでしょう。
それを目指します。

ぷよぷよ ぺちゅが


とこぷよやってて出来た連鎖尾

パッとみの汚さがいい。
鶴亀使ってないのに凝視しにくいのがいい。

参考:ぺちゅがについて

よく見る折り返し


トムソンがよく使ってる。
後折りでよくみるんだけど名前あるんかな?
ないなら名前考えよう。

この折り返しの特徴として
①2色発火の形にもって行きやすい。

黄or赤発火。

②赤部分が5個消しでなんかいやな感じ
 大連鎖狙ってるときはあまり使いたくないです。

くらいです。



パッと見連鎖尾に見えてしまう。
ってことでリバシ

青が大量に必要で無理ですわ。

ぷよぷよ リバシ

実践的なリバシ



一つ目、いわずと知れたGTRリバシ
実践でふとしたところで使っていることが多い
GTRを知っている人が多い現在有効かと思われるが、実際このリバシを知っている人も多いのでそこまで使えないかも。
3列とも高さを揃ってしまい連鎖尾が入れにくい。
4列連鎖尾にするかわざと5個消しを作る。
発展系はまた後日。

二つ目、名前がない折り返しのリバシ
名前ないのによく見る使いやすい折り返しで、このリバシはそこまで流行ってないからいいかも。
連鎖尾も入れやすい。
2回これ積んで折り返しが埋まったと勘違いして潰しにきた人が一人いました。
騙し成功率50%ととても優秀です(w

最後、適当に作ったのですが、結構使える形だと思います。
まず青発火の4連鎖が見えます。
つぎ緑発火の折り返しですが


青を直接置く方法と(左)、緑を介して青を消すパタン(右)があります。
こういう選択できる連鎖は強いと思います。

以上

サンシャイン牧場 夏の虫取り大作戦

2010y08m09d_105317492.jpg
詳しい日にちは覚えてないが7月末から始まったこの「夏の虫取り大作戦」イベント

毎日欠かさず虫取ってるので総量的には人並み程度集まったはずである。

しかし、内容を見ると酷い。

ヘラクレスオオカブト10
はたまたセミ1

セミなんかそこらへん飛んでるのに一番少ないとかw
ヘラクレスはググったところ幼虫でも1500円するのに、てか思ったより安い。

他のは普通名詞なのにヘラクレスだけ固有名詞なのも気になる。
ググったところクワガタムシっていうクワガタはいないが
カブトムシってカブトムシはいるみたい。
国産カブトムシって書いてあるけど普通名詞みたいな名前でかわいそうだな。
カマキリっていうカマキリははいないみたい。
蝶は調べるまでもなくいないでしょう。
セミも。
クワガタムシってクワガタムシはいないみたい。
wikiによると
昆虫(こんちゅう)は、節足動物門汎甲殻類六脚亜門昆虫綱 (Insecta) の総称
らしい。

現時点で昆虫綱全体で80万種以上が知られている。現在知られている生物種に限れば半分以上は昆虫である。
3へー。
* 甲虫目(鞘翅目)(カブトムシ、ゴミムシなどの仲間) 35万種
* チョウ目(鱗翅目)(チョウ、ガの仲間) 17万種
* ハエ目(双翅目)(ハエ・カ・アブなどの仲間) 15万種
* ハチ目(膜翅目)(ハチ、アリの仲間) 11万種
* カメムシ目(半翅目)(セミ、カメムシなどの仲間) 8万2千種
* バッタ目(直翅目)(バッタ、コオロギなどの仲間) 2万種
* トンボ目(蜻蛉目)(トンボの仲間) 5千種

セミってカメムシ目なんだ。


昆虫の分類
昆虫綱

* 無翅亜綱 : シミ目、イシノミ目
* 有翅亜綱
o 旧翅下綱 : カゲロウ目、トンボ目
o 新翅下綱

昆虫の分類new
昆虫綱

* 単関節丘亜綱 : イシノミ目
* 双関節丘亜綱
o 無翅下綱 : シミ目
o 有翅下綱
+ 旧翅節 : カゲロウ目、トンボ目
+ 新翅節

イシノミってはじめて聞いたけど昆虫の祖先らしい。
羽のない昆虫。胴体は鱗粉で覆われてる。
3億年前から姿を殆ど変えず生息してるとか。

形は違うけどシミも似たような説明が書いてますが
こっちは住居内に現れることから害虫扱いされることも。
自然界では森林の樹皮下などにいるらしい。

旧翅下綱ってのは腹部に羽を織り込めないやつ。


目レベルの分類
昆虫綱

* 単関節丘亜綱 Monocondylia
o イシノミ目(古顎目) Archaeognatha・Microcoryphia
* 双関節丘亜綱 Dicondylia
o 無翅下綱 Apterygota
+ シミ目(衣魚目・総尾目) Thysanura
o 有翅下綱 Pterygota
+ 旧翅節 Paleoptera
# カゲロウ目(蜉蝣目) Ephemeroptera
# トンボ目(蜻蛉目) Odonata
# † Palaeodictyoptera
# † Megasecoptera
+ 新翅節 Neoptera
# 多新翅上目 Polyneoptera
* 網翅類 Dictyoptera
o ゴキブリ目 Blattodea : ゴキブリ、シロアリ
o カマキリ目(蟷螂目) Mantodea
* ハサミムシ目(革翅目) Dermaptera
* カワゲラ目(襀翅(せきし)目) Plecoptera
* バッタ目(直翅目) Orthoptera
o キリギリス亜目(剣弁亜目) Ensifera : キリギリス、コオロギ、ケラ など
o バッタ亜目(雑弁亜目) Caelifera : バッタ、イナゴ
* ナナフシ目(竹節虫目)Phasmatodea : ナナフシ、コノハムシ
* シロアリモドキ目(紡脚目) Embioptera
* ジュズヒゲムシ目(絶翅目) Zoraptera
* 広義のガロアムシ目 Notoptera
o ガロアムシ目(擬蟋蟀目・欠翅目・非翅目) Grylloblattodea・Notoptera
o マントファスマ目(カカトアルキ目・カマキリナナフシ目・踵行目) Mantophasmatodea
# 外翅上目(準新翅上目) Exopterygota
* 咀顎目 Psocodea : シラミ、チャタテムシ、ハジラミ
* アザミウマ目(総翅目) Thysanoptera
* カメムシ目(半翅目) Hemiptera
o ヨコバイ亜目(同翅亜目) Homoptera : セミ、ヨコバイ、カイガラムシ、ウンカ、アブラムシ など
o カメムシ亜目(異翅亜目) Heteroptera : カメムシ、アメンボ、タガメ、ミズカマキリ など
# 内翅上目(貧新翅上目・完全変態上目) Endopterygota
* 広義のアミメカゲロウ目(脈翅目) Neuroptera ・脈翅上目 Neuropterida
o ヘビトンボ亜目(広翅亜目) Megaloptera : ヘビトンボ、カマキリモドキ など
o ラクダムシ亜目(駱駝虫亜目) Raphidiodea
o アミメカゲロウ亜目(扁翅亜目) Planipennia : ウスバカゲロウ、クサカゲロウ など
* 甲虫目(鞘翅目) Coleoptera
o ナガヒラタムシ亜目(始原亜目) Archostemata
o オサムシ亜目(飽食亜目) Adephaga : オサムシ、ハンミョウ、ゲンゴロウ、ミズスマシ など
o ツブミズムシ亜目(粘食亜目) Myxophaga
o カブトムシ亜目(多食亜目) Polyphaga : カブトムシ、クワガタムシ、テントウムシ、ホタル、ゾウムシ など
* ネジレバネ目(撚翅目) Strepsiptera
* シリアゲムシ目(長翅目) Mecoptera
* ノミ目(微翅目・隠翅目) Siphonaptera
* ハエ目(双翅目) Diptera
o カ亜目(糸角亜目・長角亜目) Nematocera : カ、ガガンボ、チョウバエ など
o ハエ亜目(短角亜目) Brachycera : ハエ、アブ
* トビケラ目(毛翅目) Trichoptera
* チョウ目(鱗翅目・蝶目・蛾目) Lepidoptera : チョウ、ガ
* ハチ目(膜翅目) Hymenoptera : ハチ、アリ
* † Miomoptera
* † Protodiptera

網翅目でゴキブリとカマキリが近い存在だと!?
網翅目のページ見たけどどういう種類か全然書いてない><
図書館しかないのか・・。。行かんけど。
バッタ目の中でもキリギリス亜目とバッタ亜目に分かれるとか
英語だから説明読む気にならん><
昆虫綱・ハチ目・スズメバチ上科・アリ科
蟻ってスズメバチの種類なんか!
日本に生息してる蟻の殆どが毒針なしだから認知度が低いのか。
繁殖しないアリは羽がないらしい。
女王蜂には羽あるの知ってたけど生殖行為する雄アリにも羽あるんだな。
シロアリはアリとは全然別の種類らしい。


昆虫好きなんでこういうの見てると楽しい。
近くに森がありネットのないところで暮らしていたらきっと昆虫博士になってたでしょう。
幼虫は嫌いだから知識はあるだけですすんで昆虫採集とかはしない博士です。
やばい、話しだいぶそれたし連鎖分類したくなってきた。

無題3
話をそらす前にはっつけてたやつ。
東北高級赤りんごはそこそこの値段で売れる。
しかし動物に比べると悲しい感じ。

ぷよぷよ 鶴亀について

鶴亀とは
・消えたぷよに接していないぷよが次に消える連鎖のこと


左図黄色が鶴亀です。
中図緑は落ちてくる緑は接していませんが右の緑が接しているので鶴亀ではないです。
右図青は消えるお邪魔に接しているので鶴亀ではないです。

鶴亀って消えたぷよによる段差のずれにより起こる連鎖です。
ので階段系連鎖に分類されます。
個人的に中、右図も名前を付けて分類したいところ。
定義するなら
・消えるぷよに接していないぷよが変位することで起こる連鎖
名前付けるなら"高階段"
この中にさらに条件の厳しい鶴亀があると考えることにする。
高階段はそこまで注目を浴びるものではないが、初級者には欠けがちな考えだと思う。
高階段を上手く利用すれは挟み込み連鎖尾持つくれる。


青は赤に接していないが横方向の段差のずれが発生して起こる連鎖なので高階段です。
鶴亀か、または雪崩か微妙なところ。
雪崩の定義をIPSで調べた結果
・土台部分が存在せず、仕掛部分のみで構成されているもの。
らしい。
土台ってのは変位しないぷよのことだと思う。
仕掛け部分とは変位するぷよのこと。
つまり変位したぷよのみで起こる連鎖のこと。

となると、この2例は鶴亀でもあり、雪崩でもあることになる。
これも新ジャンルとして分類するべきだな。

階段>高階段>鶴亀>同色(お邪魔を含まないとき)
  >雪崩>高階段>雪崩鶴亀
  >幽霊
鍵>

なんか微妙になってきた。
とりあえずセーブ

ぷよ哲 連鎖の新分類、他

日記をとても乱雑に書いています、今日この頃。

あとで整理するか消すかするかも。

本題
連鎖尾のベクトルについて。
連鎖尾は直感で言えば連鎖の上にあるぷよが消える連鎖のこと。
横のぷよが消えるのは普通の連鎖
下のぷよが消えるのは普通の連鎖か折り返し

ぷよが消える場所は
普通の連鎖では横
折り返しでは下
連鎖尾ではほぼ同じ位置です。
上でなくて同じ位置。ここがポイント。
フィールドには↓向きの重力が発生しています。
これにより↑だと思っていた連鎖尾がほぼ0ベクトルになるんですね。
上向きのベクトルを持たすには鶴亀以外ありえないと言うことが分かります。

ベクトル概念で言うと
連鎖は大きく4つに分類される
・横向きに進む連鎖(階段、鍵など普通の連鎖)
・下向きに進む連鎖(座布団とか折り返し部分)
・上向きに進む連鎖(鶴亀)
・殆ど動かない連鎖(連鎖尾)

偉い人は言っていた
連鎖は大きく分けて2種類(or3種類)だと
・横との段差のずれにより起こる連鎖(階段系連鎖)
・上下が引っ付くことで起こる連鎖(鍵、挟み込み系連鎖)
・13段目にあるぷよが12段以下に現れることにより起こる連鎖(幽霊連鎖)
幽霊連鎖を階段に含んで2つに絞る考え方も出来きます。
この分類はぷよの消え方として最も根本となる部分ですね。

今まさに、これとは違った分類”ベクトル分類”が出来ちゃったわけです。
結構偉大なことかもしれない。
鶴亀が4つの分類のうちのひとつに入っちゃうわけですから。
問題はベクトルの向きの基準をはっきりさせること。出来れば量も。
ぷよの重心と重心結ぶ向きをベクトルとすると向きも量も数値的にわりやすく決まるんだけど
場合によってはこのベクトル分類が成り立たなくなる可能性が・・・。
(上向きベクトルだけど座布団ってのだってありえる。)
こじつけにはしたくない、スマートなベクトル基準の作り方ないだろうか・・・。


雪崩と階段の共通点や
鍵積と斉藤の共通点をどうにかして示したい。
お邪魔ぷよによって発生する独特の連鎖とかまだ未開拓だ。

課題は山積み。
時間と教養のある大学生たちよ。
この課題面白そうでしょう。
解いてください。



以下全く関係ないもの
連鎖メモ
プロフィール

mattulwan

Author:mattulwan
WizOnはシュナト7ch
ミスチル HERO,くるみ等で活動中
その他ゲームはmattulwan

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。