FC2ブログ

ツモの置きにくさについて

このむっちゃツモ置きにくい形(とこぷよで置きミスすることによって完成させた)



ツモの置く場所が少なかったり置けても活用しにくそうである。

そもそもぷよぷよはあれも欲しい、これも欲しい、だけど優先順位があるのでこちらを先に置くというプレイが理想だが、ツモが置きにくいせいで、あれ来るな、これ来るなという状況では真面に戦うのは難しいでしょう。


ツモの置きにくい形について一般的に用語があるのか調べたところ
ぷよぷよ用語辞典によると
・摩擦
 あるマスに対してそこにぷよを置いても連鎖に吸収されてしまったり、そのまま連結して消えてしまうような色が多いとき
摩擦が大きい(形)という。

らしい

でこぼこしているやすり紙のイメージや、
摩擦→発熱→発火しやすいって意味が込められているのでしょうかね。


便利なので以降、摩擦という言葉を借りて話をしようと思いますが、


摩擦が大きい形は上記のとおりツモ制限が大きく実践では避けたいイメージがありますが
メリットを探すならば、想定外のルートから消え方る→ぶっこわしが利くという点でしょうか。
その分暴発もしやすそうです。




2つめの例でぷよを付け足した位置がポイントですが
この鉄ぷよの部分=3個ぷよに隣接する場所だったり複数色が隣接する場所がいわゆる摩擦の大きい場所でしょう。




あと触れていない連鎖尾部分ですが、
この愚形から連鎖構築を進めるなら、連鎖尾の鉄ぷよの場所は黄色を含むペアが置けない。
つまり7/16≒44%の確率で置けない。ここも摩擦が大きいといえるでしょう。




ツモの置きにくさについて




スポンサーサイト

連鎖尾の形

次の連鎖尾を見てどう思うだろうか。




1つ目、2つ目、5つ目の連鎖に関しては
これくらいの方が安心感を覚えるかもしれない。



連鎖に対して「綺麗」「形がいい」という表現を多くのぷよらーが使うが

形が悪いって何だろう?自然とこちらの方が安心と思うのはなぜだろう、と10年ぶりくらいにぷよぷよをやってふと思った


2つ目の連鎖は、
このように進めて知らず知らずのうちに暴発の種を仕込んでしまうことは少なくないと思う。



注意していてもトラブルが発生しやすい連鎖は不安とか汚いとかいう印象を持つのだと思う。


形がいいだと思う連鎖尾に共通して言えることは
・連鎖尾の上表面が少ない色(1色もしくは2色のみ)となてっいる
・連鎖尾の上がでこぼこしておらず上になめらか

他にもあったら教えてほしい。



形がいい、つまりメリットがあるはずで

・第2折り返しの色や形の制約が軽くなる
・雪崩式やめくり式(難しいこと考えることなく)で追加の連鎖尾が入れやすい
・さらにいうとその連鎖尾は対応や緊急で第2折り返しとして使える形にしやすい


つまりこうだ



・これでもかというほど雪崩を入れ込んでやった図
・孤立した黄色を見て、色の制限が多いで有名な幻の連鎖尾「Eパーツ」を入れてみたくなったが、あまりにも不恰好なので2ダブで処理したくなった人の図
・めくり連鎖尾の図
・雪崩式連鎖尾、兼折り返しの図
・めくり式連鎖尾を入れたつもりが同時消しになるのに気付いて催促に使いたくなった人の図


このように連鎖尾のまとまりがいいと制限なく組むことができる。
直観的にいいと思う形はスクショ撮って後でじっくり眺めると発見があるかもしれない。

想像が湧きすぎてついつい右3列が高くなってしまった。
こんどは折り返しが低く不安定に見えるぞ。
次回、折り返しの形
プロフィール

mattulwan

Author:mattulwan
WizOnはシュナト7ch
ミスチル HERO,くるみ等で活動中
その他ゲームはmattulwan

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アフィリエイト・SEO対策